お知らせ
アーカイブ
わたしは戦争を忘れないー子どもたちと戦争ー
掲載:2017年7月6日

8月2日の水戸空襲の日と8月15日の終戦の日に戦争のお話を聞く会を実施します。当時小学生として、戦争中・戦後の時代を生きた方の思いを聞いてみましょう。

◇日 時…平成29年8月2日(水)、8月15日(火)   両日とも午前10時~12時
◇会 場…茨城県立歴史館講堂(茨城県水戸市緑町2ー1ー15)
※会場は水戸市立博物館ではありませんので、ご注意ください。

◇主 催…水戸市立博物館
◇参加料…無料
◇予 約…不要、直接会場にお越しください。途中入退場も自由です。
◇問合せ…水戸市立博物館(☎029ー226ー6521)

◎講師◎
★8月2日(水) 小菅次男さん
昭和11年生まれの小菅さんは、小学校3年生の時に水戸空襲を経験しました。米軍飛行機を前にした小菅さんは何を思ったのでしょうか。小学生の目から見た戦争中の生活をお話ししていただきます。

★8月15日(火) 鈴木暎一さん
昭和14年生まれの鈴木さんの小学校生活は空襲警報とともに始まりました。ようやく戦争が終わったと喜ぶのもつかの間、食糧不足の中でのくらしが待っていました。小学生が経験した、戦争中・戦後のくらしをお話しいただきます。

★8月2日(水)、8月15日(火) 玉川里子さん(元水戸市立博物館館長)
水戸の戦争の記録を集め、それを紹介するととともに、後世へ伝える努力を続けてきた玉川さんから、水戸空襲等の解説をしていただきます。

水戸空襲予告のビラ

空襲後の水戸郵便局前(『水戸百年』より)