お知らせ
アーカイブ
紙芝居「茂木貞夫物語」上演
掲載:2019年7月6日

昭和20年(1945)8月6日、広島の地に原子爆弾が投下されました。そのことにより、多くの命が失われるとともに、多くの人たちが被爆の後遺症に苦しむこととなりました。

その悲劇的な現場に遭遇した茂木貞夫さんはどのような体験をし、その後どのような障害を送ったのでしょうか?
茂木貞夫さんの被爆体験とその後の半生を描いた紙芝居、心にせまる物語を聞いてみませんか。

◇日 時…令和元年8月11日(日) 14時~15時
◇会 場…水戸市立博物館2階展示室
◇主 催…水戸市立博物館
◇参加料…無料
◇予 約…不要、直接会場にお越しください。途中入退場も自由です。
◇問合せ…水戸市立博物館(☎029ー226ー6521)

◎講師◎
見澤淑恵さん(朗読家)
茂木貞夫さん(体験者)